【プロが解説】エコワンの寿命や交換時期は?

URLをコピーする
URLをコピーしました!




 

ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。

 

 

エコワンってどのくらい持つものなの?

保証期間はどのくらい?

 

こういった質問をよくお客さんからいただきます。

 

エコワンの保証年数や寿命、延長保証制度について詳しく解説していきます。

 

 




目次

エコワンの寿命(耐用年数)は10年

出典:Rinnai

 

ガス器具の平均的な寿命(耐用年数)は10年です。

 

エコワンも基本耐用年数は10年です。他のガス給湯器と変わりません。

 

初期投資の必要な機器なので、できるだけ長い期間故障なく動いて欲しいと思うのは当然です。

 

もし長く使いたいなら、設置する環境や使い方も大切です。

 

エコワンだけでなく給湯器全般に言えますが、長持ちさせるコツ4点を下記に挙げています。

 

【給湯器を長持ちさせるコツ4点】

① 雨ざらしにしないよう屋根のあるところに置く。

② ほこりや陽の当たりすぎない場所に置く。

③ 入浴剤を入れたお風呂のお湯は次の日には使わない 

④ 循環金具は定期的に掃除する

 

 

もし、「追いだき機能をしても温度が上がらない」「お湯はりが途中で止まる」といった症状が出てきたら、

 

循環金具(浴槽の循環口)の詰まりや汚れが原因となっていることが多く、掃除やメンテナンスを行うことで解決できる事例も多いのです。

 

できる範囲で定期的にメンテナンスをして、長持ちさせましょう。

 

 

部品保有期間は10年

出典:Rinnai

 

どんな商品でもメーカー側が定めている「部品保有期間」というものがあります。

 

これは、現在販売している商品が廃止になってから、メーカーが修理用部品を保有している期間のことです。

 

エコワンの補修用性能部品の保有期間は「製造打切り後10年」です。

 

これはつまり、エコワンの現在の品番が廃止になってから10年間は部品があるから修理できるということです。

 

では、10年目以降は全く部品が取れないのか?

 

 

実際はそんなことはありません。

 

商品が廃止になってから12〜13年くらいまではメーカー側で部品を保有しているケースが多いです。

 

モデルチェンジ後の後継品と共通の部品を使っていたりもするため、きっちり10年で部品が取れなくなるということはまずありえません。

 

メーカー保証は2年

出典:Rinnai

 

メーカー保証は2年間です。付属のハガキを投函して、所有者登録を行った場合は保証が3年になります。

 

保証期間内の自然故障であれば、無償で対応してもらえます。

 

逆に言うと、不適切な使い方をしていた場合は保証期間内であっても有償修理となります。

 

説明書をよく読んでいただくと分かりますが、「地震や落雷などの天災、犬や猫・虫などに起因する故障」保証の対象外となりますので、ご注意ください。

 

機器はどんどん進化しています。性能も良くなっています。

 

それでもエコワンのような最先端のシステムともなれば、構成する部品点数は他の給湯器よりどうしても多くなります。

 

部品点数が増えるほど、故障のリスクは上がってしまうのが現実です。

 

例えば、エコワンの熱交換器(水を熱してお湯を作り出す場所。缶体とも呼ばれる。)に穴が空き、水もれが起きたとします。

 

構造上、どうしてもエコワンは縦長の設計になるため、熱交換器から水もれを起こした場合、基盤や配線関係も濡れてしまい、ショートして故障するリスクがあります。

 

※ショート 電気が決められたルートを通らずに近道をして流れてしまうこと。短絡(たんらく)ともいう。

 

 

ショートが起きると、大きな電流が流れるので、過熱で火花がとんで、故障してしまいます。

 

あとでショートするリスクを考えると、基盤や配線関係も一緒に部品交換するケースも少なくないです。

 

それによって修理代が約1.5倍〜2倍ほどに上がるケースもあります。

 

このような故障・修理のリスクを軽減させる策として、延長保証制度というものがあります。

 

 

エコワンの延長保証制度(有償)

出典:Rinnai

 

リンナイには「ワランティV」という延長保証制度があります。

 

これを使えばエコワンの保証期間を延長することができます。

 

延長保証期間はエコワンの場合、5年・7年・8年・10年の中から選ぶことができます。

 

個人的には、7年保証〜10年保証への加入を断然おすすめしています

 

故障時の修理代のことを考えたら、最低でも7年保証は必須で加入すべきです。私が接客したお客様には全て提案しています。

 

 

 

 

ちなみに「ワランティV」の保証内容は、対象期間中の修理代、技術料、出張費、部品代(施工部品は含まない)が無償となります。

 

 

【保証年数別の金額(目安)】

・5年保証  → 約6,900円
・7年保証  → 約12,800円  
・8年保証  → 約23,400円
・10年保証  → 約48,000円

 

 

これはあくまで目安です。

 

なぜならこの延長保証の金額は申し込む販売店によって違うからです。

 

このワランティVは、普通の給湯器と一緒でメーカーから仕入れて販売店がお客さんに売る仕組みをとっています。

 

なので、乗せる利益額によって金額が若干前後することはご理解ください。

 

まとめ

・エコワンの耐用年数は10年
部品保有期間は10年
メーカー保証は2年
・延長保証制度(有償)を活用して、7年~10年保証へ加入すべき 

 

 

何度も言いますが、エコワンは高い買い物です。

 

通常の2年保証でよしとせず、先々のリスクを考えて7年~10年の延長保証に加入するのがベストな選択です

 

 

おすすめ記事

リンナイ エコワンの評判【結論:特定の条件でメリットあり】

あわせて読みたい
リンナイ エコワンの評判【結論:特定の条件でメリットあり】   ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。   最近お客さんからこんな質問をされました。   新築を建てようと思っていて、工務店から...

 

 

今日の話は以上となります。

 

気になることがあったら、お問い合わせフォームよりいつでも質問してくださいね。

 

 




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一部上場のガスメーカーに勤める30代営業マン。2児の父。これまでガス機器を10,000台以上販売。その経験を活かし、ブログで日常生活のタメになる情報を発信中。

目次
閉じる