ノーリツ プログレの口コミ【結論:業界最高級の技術力】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

 

ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。

 

先日ノーリツの売れ筋コンロ「ピアットマルチグリル」のポイントをまとめた記事をご紹介しました。

 

それをさらに上回る、ノーリツの最上級グレードのコンロ「PROGRE(プログレ)」の特長について今回解説していきます。

 

 

ちなみに、  

PROGRE(プログレ)ピアットマルチグリル最高水準の安全性・機能性

 

というイメージです。  

 

今回はこのプラスアルファの要素である「最高水準の安全性・機能性」にしぼって解説します。  

 

なので、そもそもマルチグリルとは何?という方は、下記のピアットマルチグリルの記事をチェックしてみてください。    

 

あわせて読みたい
ピアットマルチグリルの口コミ【結論:焼き網のない革命的コンロ】   ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。   今回は自宅でも使っている「ノーリツのピアットマルチグリル」についてレビュー記事を書きま...

 

では、プログレのポイントについて解説していきます。

 

目次

安全機能

出典:Noritz  

鍋なし検知機能

鍋なし検知機能のイメージ(出典:Noritz)    

 

「鍋を置いていない時は点火しない」安心設計です。  

 

年配の方や小さいお子さんがいるご家庭ですと、誤って点火スイッチを押してしまうこともありますが、「鍋なし検知機能」がついていれば安心です。  

 

さらに消し忘れ防止機能もついています。  

 

点火している状態で鍋を離すと自動的に弱火になり約1分後には自動消火してくれます  

 

これがあれば、コンロの火の消し忘れから解放されます。

 

感震停止機能

感震停止機能のイメージ(出典:Noritz)    

 

震度4相当の揺れを感知すると自動的にガスを遮断してくれる機能です。  

 

突然の揺れを感じたら、自動でガスをストップしてくれるので、万が一の時にも対応してくれる賢い機能です。

 

グリル調理機能

マルチグリルの構造イメージ(出典:Noritz)    

 

プログレはグリルの構造自体は、ピアットマルチグリルと同じですが、温度や炎の制御の仕方が進化しています  

 

特に、低い温度に保つ技術がすごいです。  

 

グリルは構造上、密閉性も高いため、火をつけたらどんどん温度が上昇して、あっという間に300℃以上まで上がります  

 

しかしプログレは、自動で点火と消化を繰り返しながら庫内を低い温度(60℃〜70℃)に保つことができます  

 

この技術によって下記のオートメニューが可能になりました。

 

【プログレだけのグリルメニュー】

 

・ 燻製(くんせい)モード
・ 解凍焼き上げモード
・ 低温調理モード
・ パン発酵焼き上げモード 
・ 冷凍食品モード
・ 肉じゃが・カレー・筑前煮 

 

順番に解説していきます。  

 

燻製(くんせい)モード

燻製(くんせい)モード(出典:Noritz)    

 

チーズやうずらのたまご、ちくわや手羽先など、普段の食材を使って燻製(くんせい)料理ができます!  

 

これは私もメーカーの研修会の時に食べましたが、本当に美味しいです!!  

 

しかも操作はとっても簡単。

キャセロールLの画像(出典:Noritz)    

 

【燻製(くんせい)モードの操作方法】

 

①燻製チップ(さくらチップなど)をキャセロールの底面にしきつめる (スーパーで500g(約30回分の量)約500円ほどです)

②付属の燻製網を乗せて、アルミホイルの上に食材を乗せる

③燻製モードでタイマーを10〜15分(食材による)セットして焼く

 

 

これだけです!  

 

特にチーズうずらのたまごは、個人的におすすめです。  

 

びっくりするくらい美味しいです!  

 

解凍焼き上げモード

解凍焼き上げモード(出典:Noritz)    

 

これは毎日忙しいママさんには大変評判の良い機能です。  

 

冷凍のお肉をそのままグリルにセットして解凍から焼き上げまで一気に調理できます  

 

普通のグリルで冷凍のお肉をそのままセットしたら、

 

表面に焦げ目はついたけど、中はまだ生肉状態だった。。

 

こんなことになります。  

 

プログレは低い温度に保つ技術が優れているので、この解凍焼き上げが可能になりました。

 

注意点としては、お肉を冷凍する前に下味をつけてください

 

解凍から焼き上げまで一気にやってくれるので、あとから下味をつけることができません。

 

次の週は忙しいから帰りが遅いかも…と思っても、週末に下ごしらえをして冷凍しておけばマルチグリルで一気に解凍焼き上げができます  

 

低温調理モード

低温調理モード(出典:Noritz)    

 

ローストビーフや蒸し鶏などが低温調理器がなくてもお家で作ることができます

 

ただしこれはすごい機能ですが、とてつもない調理時間がかかるので注意が必要です。

 

ゆっくり熱を通す料理なので、出来上がるまでに2時間30分〜3時間ほどかかります。

 

特別な日の、特別な料理を作るには最適だと思います。

 

パン発酵焼き上げモード

パン発酵焼き上げモード(出典:Noritz)    

 

パンを発酵から焼き上げまで自動で調理できます。  

 

こねて成型した生地をセットし、時間を設定するだけです。  

 

点火後、35分経過するまでは発酵を行い、その後焼き上げを行います。  

 

例えばパン発酵焼き上げモードで、タイマーを50分にセットすれば、最初の35分は発酵、残り15分で焼き上げを行います。  

 

オーブンなしでお家でパンを簡単に焼けるのは嬉しい機能ですね。

 

冷凍食品モード

   

 

冷凍食品モードは、市販の冷凍食品を美味しく焼き上げることができます。  

 

電子レンジだとベチャッとしてしまうような、焼き餃子唐揚げ焼きおにぎりなどもパリっと美味しく調理できます。  

 

肉じゃが・カレー・筑前煮

カレーのオート調理画像(出典:Noritz)    

 

プログレには、「肉じゃが・カレー・筑前煮のオートメニュー」が追加されています。

 

この3品はキャセロールを使って調理します。  

 

肉や野菜などの食材をできるだけ平らに並べて、カレーならカレールゥを細かくして入れます。

 

あとは量によって30分〜40分ほどタイマー設定すれば、出来上がりです!  

 

筑前煮の画像(出典:Noritz)  

 

オートメニューをセットしてしまえば、ほったらかしで調理できるので他のお料理に集中することができます  

 

※注意点としては、じゃがいもやにんじんなどの野菜は細かく切るということです。  

 

ゴロゴロした野菜だと固さが残ることがあります。

 

コンロ調理機能

プログレの画像(出典:Noritz)  

 

ここまでグリルの調理機能について説明しましたが、コンロ(3口のバーナー)の便利メニューも搭載されています。  

 

【プログレだけのコンロメニュー】

 

・ 焼サポート
・ 煮るオート
・ 麺ゆでモード 

 

 

順番に解説していきます。  

 

焼サポート

焼サポートの画像(出典:Noritz)  

 

火加減を調節しながら裏返すタイミングをお知らせする機能です。  

 

ハンバーグホットケーキなどの調理をサポートしてくれます。

 

煮るオート

煮るオートの画像(出典:Noritz)  

 

火力を自動で調節し、煮もの調理が出来上がると自動で火を消しふきこぼれや煮込みすぎを防ぐモードです。  

 

できる料理は、肉じゃが・カレー・筑前煮の3品です。  

 

マルチグリルのオート調理メニューに追加された3品と一緒ですね。  

 

コンロ上のバーナーでも同じようにオートで調理ができるということです。  

キャセロールLの画像(出典:Noritz)    

 

基本的にはマルチグリルを使って、キャセロールで調理した方が美味しくできます。  

 

火が上下から入りますし、遠赤外線効果もあるので食材に熱が通りやすいためです。  

 

しかし、マルチグリルで他の調理をしていて使えない時などには、同時進行で「煮るオート」機能でコンロ上でも煮込み料理がオートでできるというのは助かりますね。  

 

麺ゆでモード

 

火力を自動で調節し、設定したゆで時間になると自動で火を消しふきこぼれやゆで過ぎを防ぐモードです。

 

【麺ゆでモードの操作方法】

 

①点火ボタンを押す

②モードボタンを押し「麺ゆで」を選択し、お好みのゆで時間を設定する

③沸騰したらブザー音が鳴るので、麺を入れ、点滅しているモードボタンを押す

④設定時間になるとブザー音でお知らせし、自動で火が消える

 

 

いちいち麺の状態を気にしなくても、ブザー音でお知らせしてくれるので他の調理に集中することができます

 

グリル・コンロ共通機能

プログレの画像(出典:Noritz)  

スマホアプリ「マルチグリルアプリ」に対応

マルチグリルアプリの操作イメージ(出典:Noritz)    

 

プログレではスマホの無料アプリ「マルチグリルアプリ」と連動させることができます。  

 

マルチグリルアプリでは約500種類のレシピから検索ができますし、写真付きの手順も載っています。

 

レシピどおりに食材を下ごしらえして、専用容器をセット。

 

コンロにデータを送信して点火ボタンを押すだけ!  

 

あとはおまかせで料理が完成します。  

 

お手軽さだけでなく、毎日の献立選びにも活躍してくれるアプリです。

 

音声ガイド

プログレの液晶操作パネル(出典:Noritz)    

 

コンロの状況に合わせ音声で手順を案内してくれます  

 

例えば、お鍋のない状態で点火ボタンを押した場合には、「鍋をおいてください」とアナウンスをしてくれます。 

 

コンロの状況も分かりやすく、安全上のお知らせも音声で案内してくれます。  

 

※ちなみにワングレード下のピアットマルチグリルだと、「ピピッ」「ピー」といった効果音だけでのお知らせとなります。  

 

まとめ

【安全機能】
・ 鍋なし検知機能
・ 感震停止機能

 

【グリル調理機能】
・ 燻製(くんせい)モード
・ 解凍焼き上げモード
・ 低温調理モード
・ パン発酵焼き上げモード
・ 冷凍食品モード
・ 肉じゃが・カレー・筑前煮

 

【コンロ調理機能】
・ 焼サポート
・ 煮るオート
・ 麺ゆでモード

 

【グリル・コンロ共通機能】
・ マルチグリルアプリに対応  
・ 音声ガイド 

 

 

ノーリツの最上級グレードのコンロ「PROGRE(プログレ)」には、最高水準の安全性と調理性能がそなわっています。  

 

チェックしてみてください。

 

プログレの商品ページ

 

今日の話は以上となります。  

 

気になることがあったら、お問い合わせフォームよりいつでも質問してください。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一部上場のガスメーカーに勤める30代営業マン。2児の父。これまでガス機器を10,000台以上販売。その経験を活かし、ブログで日常生活のタメになる情報を発信中。

目次
閉じる