【パロマ】給湯器の「88」「888」エラー表示の解除方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。

 

この記事では

 

「パロマの給湯器のリモコンに88(888)のエラー(点滅)が出た」
「パロマの小型湯沸器にお知らせランプが点滅する」

 

という人に向けて

 

エラーの意味リセット方法をわかりやすく詳細に解説します。

 




目次

「88」「888」のエラー(点滅)の意味

 

給湯器の通電時間が約10年に達したことを意味しておりリモコンや本体機器ランプ部に「88」または「888」を点滅させ、点検時期であることをお知らせしています。

 

故障しているわけではないため、そのまま使用することもできますが、

 

 

キュウタ
キュウタ

リモコンにずっと数字が点滅してたら邪魔ですよね?

 

正規の解除方法でいけば、経年劣化に起因する製品事故を防止するため、メーカーが推奨するあんしん点検を受けて頂くのがよいのですが、

 

点検は有償となっており、約10,000円前後の出張・点検費がとられます(点検依頼をすれば、88や888は永久リセットされます)。

 

ですが所有者に有償点検を受ける義務があるわけではないので、無償のユーザーリセット方法をメーカー側が用意しているので、その操作手順を分かりやすく紹介していきます。

 

 

※注意:ユーザーリセットはあくまで「一時解除」となります。1年後には88や888がまた点滅しますので、同手順で解除してください。

 

 

 

リセット方法(ガス給湯器の100Vタイプ)

 

MFC-250Vリモコンの画像(出典:楽天)

 

大多数の方がこのタイプと思います。

浴室リモコンと台所リモコンのどちらからでも操作可能です。

 

運転スイッチを押して電源を入れます

②給湯温度を最低温度にします

③給湯温度の▲▼を同時に長押しします

 

これでリセット完了です。

888の点滅表示は消えて、元の温度表示に戻ります。

 

リセット方法(ガス瞬間湯沸器)

 

PH-5FVの画像(出典:楽天)

 

こちらも、それほど難しくありません。

 

①操作ボタンを「水」 の位置まで回します

②約7秒以上点火ボタンを押し続けます

消火します

④消火後30秒以内で、お知らせランプ点滅中に乾電池を抜き差しします

 

これでリセット完了です。

 

※本体下部にカバーが取り付けられている場合は事前に外してください。

 

ちなみに不完全燃焼防止装置やインターロックが作動した時の解除方法ではありません。

 

パロマの湯沸器は点滅と音声で教えてくれるのですが、「点検の時期となりました」という音声が流れた時の対処法となります。

 

まとめ

【パロマ888(88)エラーのリセット方法】

・リモコン付きの給湯器の場合、給湯温度を最低温度にして給湯温度の▲▼を同時長押し

・湯沸器の場合、操作ボタンを「水」 の位置まで回し点火ボタンを7秒以上長押し。消火後30秒以内で、お知らせランプ点滅中に乾電池を抜き差し 

 

 

 

何度も言いますが、「ユーザーリセット」はあくまで簡易的なリセット方法ですので、1年後にまた888(88)エラーがでます。

 

また同じ手順で解除してください!

 

おすすめ記事

あわせて読みたい
【プロが解説】10年使った給湯器を長持ちさせる方法   ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。   給湯器をできるだけ長持ちさせるには、どうしたらいいの?   お客様からよくいただく質...

 

 

今日の話は以上です。

 

また気になることがありましたら、いつでも質問してくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一部上場のガスメーカーに勤める30代営業マン。2児の父。これまでガス機器を10,000台以上販売。その経験を活かし、ブログで日常生活のタメになる情報を発信中。

目次
閉じる