給湯器の「エラーコード140」の原因と対処法(ノーリツ・リンナイ等)

URLをコピーする
URLをコピーしました!




 

ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。

 

この記事では

ガス給湯器のエラーコード「140」が出たけど、どうしたらいいの?

そもそも何が原因なの?

 

といった疑問にお答えしていきたいと思います。

 




目次

ガス給湯器の仕組み

出典:Paloma

 

そもそも基本的なガス給湯器の仕組みが分かっていないと、今日の話は「何言ってんの?」で終わってしまうので、簡単に説明します。

 

 

ガス給湯器は基本、「瞬間式」と呼ばれる燃焼方式をとっています。

 

 

簡単に言えば、「お湯をためたりせずに、瞬間的にお湯を作り出している」ということです。

 

 

※電気温水器などは貯湯式なので真逆の方式ですね。

 

お湯が出るまでの流れ

給湯器の内部写真(キュウタ撮影)

 

参考までに、「シャワーのお湯が出る」ときの仕組みを解説します。

 

1.シャワーのじゃぐちを回す

2.  給湯器の中に水が流れ、水量センサーが反応します

3.次に炎を燃やすのに必要な空気を取り込むためにファンモータが回り、空気を送ります。

4.次に点火をするためにイグナイターで電気を発生させて点火プラグがスパークします。この4.の動作を行っている場所はバーナーと呼ばれます。

5.最後にガス電磁弁ガス比例弁が開き、着火します。そのバーナーの上に、缶体(熱交換器)と呼ばれる部材があります。この缶体の中に、細い配管が張り巡らされており、水が通ると、バーナーの熱によって瞬時にお湯に変わります。

6. ここでできるお湯は60℃~70℃くらいの熱湯なので、最後給湯器の出口あたりで水量サーボによって水をミキシングさせて、設定温度で出湯しています。

 

 

こうやって細かく見ていくと、色々な部品が関わっていることが分かります。

 

エラー140の原因と症状

温度ヒューズのイラスト

 

エラー140は、缶体(水を熱してお湯にする場所)に取り付けている「温度ヒューズ」が切れた時に出るエラーです。

 

温度ヒューズとは、中に「はんだ」のような溶けやすい金属が入っていて、温度がある一定の値を超えると溶断される(切れる)ようにできている部品のことです。

 

分かりやすく言えば、「給湯器に何か問題があるから、温度ヒューズが切れてお知らせしてくれた」ということです。

 

温度ヒューズを新品に交換すれば直るという簡単な問題ではないのです。

 

エラー140は、缶体やバーナーの燃焼不良によりすすがたまって缶体が閉塞ぎみになり(排気の流れが悪くなり)異常な温度上昇をしているのです。

 

そのまま缶体を温度上昇させ続けると、缶体に穴が開いてしまうため、それを防ぐために温度ヒューズが切れてエラーが出た、という流れです。

 

エラー140の対処法

 

残念ながら、自身でできる対処法はありません。温度ヒューズが切れてしまっている以上、コンセントの抜き差しをしてもお湯は出ません。

 

メーカーへメンテナンス依頼をかけて頂くしかないですが、かなり高額になると思われます。

 

経験上、このエラー140が出た場合には

 

・温度ヒューズ
・缶体
・バーナー
・ファンモーター    

 

この4点を交換しているケースが多いです。

 

部品代、出張費、工賃も含めると約8万円〜9万円ほどかかる高額修理です。

 

※もちろん診断してみて、他にも悪い箇所があれば+αで費用がかかってきます。

 

もし給湯器を10年以上使っていて、このエラー140が出たのであれば、私なら給湯器の交換をおすすめします。

 

まだ使用5~10年であれば、修理依頼しましょう。

 

ちなみに給湯器を長持ちさせる方法については、下記の記事でまとめていますので参考にしてください。

 

【おすすめ記事】

あわせて読みたい
【プロが解説】10年使った給湯器を長持ちさせる方法   ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。   給湯器をできるだけ長持ちさせるには、どうしたらいいの?   お客様からよくいただく質...

 

まとめ

エラー140は、温度ヒューズが切れた時に出るエラー

温度ヒューズ、缶体、バーナー、ファンモーターなどをごっそり交換する必要あり

10年以上ご使用であれば給湯器交換がおすすめ

 

 

 

今日の話は以上となります。

 

気なることがありましたら、いつでも質問してくださいね。

 




この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一部上場のガスメーカーに勤める30代営業マン。2児の父。これまでガス機器を10,000台以上販売。その経験を活かし、ブログで日常生活のタメになる情報を発信中。

目次
閉じる