【進化したプラスドゥ】新商品モデルチェンジ内容3点を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

 

ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。

 

ノーリツのロングセラー商品「+do(プラスドゥ)」2022年3月1日にモデルチェンジしました!

 

根強いファンが多く、キッチンメーカーやビルダー採用も多いプラスドゥですので、

 

16年ぶりのモデルチェンジ新聞にも取り上げられるほど一部で話題を呼びました

 

では、そのモデルチェンジ内容について詳しく解説していきます。

 

目次

①レンジフード連動機能を搭載

出典:Noritz

 

最大の変更点は、この「レンジフード連動あり」に進化したことです!

 

フード連動機能は、中高級グレードのガスコンロにはどこのメーカーも必ずといってよいほどついていている機能です。

 

レンジフード連動のイメージ(出典:Noritz)

 

コンロを着火すると、赤外線が飛んでレンジフードを自動的にONにしてくれます。

 

そしてコンロを消火すると、再び赤外線が飛ん3分後〜5分後にフードをOFFにするタイマーを自動で設定してくれます。

 

フード(換気扇)のスイッチの入れ忘れ、消し忘れ防止につながるため、スイッチに手が届きにくい方にも大変便利で使っていて気持ちがよい機能です。

 

②フェイスカラー変更

新プラスドゥの画像(出典:Noritz)

 

コンロのフェイス(正面のパネル部)の色が変わりました。

 

具体的には、ステンレス色(ヘアライン仕上げ)→シルキーステンレス色へ変更となりました。

 

ちなみに「ヘアライン」とは、単一方向への研磨によりできる細く長い筋目のことです。

 

ヘアライン仕上げのイメージ(出典:杉田エース)

 

「ヘアライン仕上げ」は金属の質感を重視した加工ですが、光沢やツヤが消えてしまうというデメリットがありました。

 

それを今回16年ぶりのモデルチェンジで、シルキーステンレスフェイスに変更となったわけです。

【参考】シルキーステンレスフェイスの画像(出典:東京ガス)

 

シルキーステンレス色は、現在ノーリツで売れ筋のピアット・プログレシリーズで採用されているフェイス色で、光沢感のあるシルバーで高級感を演出しています

 

③グリル引き出し寸法アップ

出典:Noritz

 

グリルレールの寸法が約320mm→約360mmにアップしました。

 

グリルの引き出せる寸法が約40mmアップしたことで、ダッチオーブンや食材がより取り出しやすくなりました

 

ダッチオーブンは分厚い鉄製のふたつき鍋なので、意外と重たいです。

 

食材が何も入っていない状態でも「4kg」の重量があります。

 

ここに食材が入ったら5〜6kgの重さになるので、グリルから取り出すときに庫内に引っ掛けて落としてしまったら大変です。

 

グリルレール(引き出せる寸法)が40mmアップしたことで、そういったリスクも軽減されて使い勝手が向上しました。

 

まとめ

【+doのモデルチェンジ内容】

レンジフード連動機能を搭載 
フェイス色変更
グリルレール寸法40mmアップ 

 

 

モデルチェンジにともない、定価が+8,000円(税抜)アップしましたが、「フード連動あり」になったことを考えると妥当なアップ金額だと思います。

 

ぜひチェックしてみてください。

 

商品ページ

 

 

おすすめ記事

モデルチェンジ内容だけでなく、根強い人気を誇る+do(プラスドゥ)のお手入れ性調理性ついては下記の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
プラスドゥの口コミ【結論:納得のロングセラー商品】   ガス機器を10年以上販売して生きているキュウタといいます。   キュウタ 突然ですが、コンロのモデルチェンジは何年おきに行われるか知っていますか? &nbs...

 

 

今日の話は以上となります。

 

気になることがあったらいつでも質問してくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

一部上場のガスメーカーに勤める30代営業マン。2児の父。これまでガス機器を10,000台以上販売。その経験を活かし、ブログで日常生活のタメになる情報を発信中。

目次
閉じる